交通違反の罰金は経費になるのか?





罰金は経費にならない



お客様からたまに聞かれる質問の一つに、
「この前、仕事中に駐禁で捕まって反則金を払ったんやけど、経費になるん?」
という質問があります。

経費になるのか、ならないのか?

結論から言うと...



残念ながら反則金は経費にはなりません(;・∀・)

仕事中に急いでいて、仕方なく駐車違反で捕まって、罰金を払わされても経費にはならないんです。

罰金を払わされて、しかも経費にもならない。
悔しいですね。


所得税法には、必要経費不算入の規定(次のものは必要経費に算入しませんよという規定)があって、そのうちの一つに、

「罰金及び過料並びに過料」

があります。
罰金などは経費にできませんよという内容ですね。



従業員の反則金はどうなる?



従業員が業務中に駐車違反で捕まって、会社や個人事業主が反則金を代わりに支払ったらどうなるんでしょうか?


この場合も経費にはなりません(;・∀・)
肩代わりして払っても経費にならない、世知辛いですね。



従業員がプライベートで駐車違反で捕まって、反則金を代わりに負担したらどうなるんでしょうか?


その場合は、従業員に対する給与として扱われて経費になります。
プライベートでの違反の反則金を肩代わりするようなケースはほぼ無いと思いますが。




業務中の駐車違反の反則金は経費になりませんが、車を移動させるためのレッカー代についてはどうでしょうか?


この場合のレッカー代は、罰金ではないので、業務遂行上のものなら経費になります。
せめてもの救いなので、漏らさずに経費計上しましょう。


まとめ



罰金は経費にならない(レアケースだが給与として経費になる場合あり)

駐車違反の移動のレッカー代は業務上なら経費になる


駐車違反やスピード違反などで捕まらないように気を付けたいですね。
僕はここ数年は違反無しでゴールド免許ですが、うっかり違反や事故で捕まらないようにしたいと思います(^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい