デザイナーさんに報酬を支払う時の注意点




源泉徴収が必要?



デザイナーさんにお願いして、会社の広告デザインやパッケージデザインなどをしてもらう事があると思います。

その際、デザイン料を支払う時に、支払先が個人のデザイナーさんの場合には、源泉徴収をして、源泉所得税を差し引いた金額を支払う必要があります。

源泉所得税については、過去の記事にも書いてます↓

給料から差し引かれる税金がある? 事業をスタートした後に、アルバイトの方を雇って働いてもらう事があると思います。アル...



従業員に給料を払う時のように、個人のデザイナーさんにデザイン料の報酬を支払う時も源泉所得税を差し引いて支払います。

差し引く金額について、2019年現在では支払金額の10.21%(復興税含む)です。
支払金額が100万超えたら、超えた部分は20.42%です。

例えば、デザイナーさんのデザイン報酬が10万円なら...

報酬:10万円
源泉所得税:10万円×10.21%=1万210円
差引支払額:10万円-1万210円=8万9千790円

図にするとこんな感じです↓


支払の際に差し引いた源泉所得税10,210円は、デザイン料を支払った人が翌月10日までに税務署に納付します。

デザイナーさんではなくて、デザイナーさんに仕事をお願いして支払いをした人が源泉所得税を納めるのでご注意下さい。

ちなみに、デザイン料の源泉所得税については、納期の特例の適用は無いので、翌月10日までに納付しましょう。


納期の特例とは、従業員10人未満なら源泉所得税の納付を半年に1回にできますよ、という特例です。
過去のブログに書いています↓

源泉所得税とは? 会社をつくったときに出すべき税務上の届出について、以前ブログで書きました。→会社を...


デザイン料を例に書きましたが、デザイン料以外にも、


弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士、不動産鑑定士 、外交員などの報酬

原稿料、講演料

野球選手、サッカー選手などの報酬

ホステス、コンパニオン報酬


など、源泉所得税を差し引かないといけない報酬が様々あります(^_^;)


個人に報酬を支払う際には注意しましょう。


源泉徴収しなくて良い場合もある



個人のデザイナーさんへのデザイン料の支払ですが、源泉徴収をしなくて良い場合もあります。

例えば...

デザイナーさんが個人ではなく、法人の場合

支払先がデザイナー個人ではなくて、デザイン会社などの法人の場合は源泉徴収は不要です。


支払者(デザインを依頼する側)が、個人で、常に従業員を雇っていない場合

デザインの依頼主が、個人で従業員もいないフリーランスの方は源泉徴収は不要です。


逆に言うと、源泉徴収が必要な場合は...

支払先のデザイナーさんが個人で、
支払者(デザインの依頼主)が法人or従業員のいる個人事業主

です。



まとめ


◆デザイン料や原稿料など、個人に報酬を支払う際には、源泉所得税を差し引かなければいけない場合が多い。

◆差し引いた源泉所得税は、報酬を受け取った側ではなく、報酬を支払った側が税務署に納付する。


個人に報酬を支払う時は、気を付けましょう(^^♪


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい