請求書に電子印鑑で押印の手間を省く




請求書には押印が必要?



請求書を作った後に、印鑑を押すことが多いと思います。
この場合に使う印鑑は四角い形の「角印」と呼ばれる印鑑が多いです。

角印は、実印や銀行印と違って、認め印として使われます。

見積書、請求書、領収書などの日常業務で発行される書類に押印します。
請求書に押印が無いからといって、その請求書が法的に無効になるわけではなく、商習慣で押印されています。

でも角印を押した方が信用度も増して、会社によっては押印があるものを求められるケースもあります。


最近は、ワードやエクセル、会計ソフトなどの請求書テンプレートで作成する事が多いと思います。
そのときに、角印もデータで作成しておけば、朱肉を用意して印鑑を押す手間が省けます。
ハンコを押したときにバランスが悪かったり、かすれて不鮮明だったりして2度手間になることも防げます。


電子で印鑑を作ってみたので、作り方を書いておきます。



クリックスタンパーで作成



インターネットで「クリックスタンパー」を検索してダウンロードします。
無料ダウンロードが可能です。

ダウンロードして開くと、こんな画面が開きます↓




左上の新規作成をクリックします↓




クリックすると、こんな画面になるので、丸印・角印を選びます↓




社名を入力して、角印、縦横を選びます↓




共通タブでフォントや線を変更することもできます。
ファイル形式は「PNG」か「JPEG」を選んで画像として使えるようにしましょう↓




簡易に作成するならこれで完成で、作成したデータを請求書に貼り付けて終わりです。

今回のクリックスタンパーでは、使える文字のフォントが限られているので、書体にこだわりたい方は別の電子印鑑作成ツールを使うと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい