Googleのビックリマーク「保護されていない通信」を解消するには?



httpとhttpsで表示が違う



ウェブサイトのURLには、「http」「https」があるんですが、僕のサイトは今まで「http」でした。

自分で知識ゼロの状態からサイトを作成して、試行錯誤の連続なので、「http」を「https」に変更する作業が後回しになっていました。

今回ようやく、「http」から「https」に変更したので、そのことについてまとめておきたいと思います。


そもそも「http」と「https」って何なん?


Hyper Text Transfer Protocol の略がhttpで、
Hyper Text Transfer Protocol over Secure Socket Layer の略がhttpsだそうです。

httpは暗号化しないで通信していて、
httpsは暗号化して通信しているみたいです。


httpでやりとりする情報は、第三者が見たり書き込んだりされる可能性があって、
httpsでやりとりする情報は、暗号化されいているので第三者に見られる可能性は低く安全です。


分かりやすく郵便物でいうと、
httpはハガキのような状態で、
httpsは封書のような状態ですね。


ウェブサイトをhttpで作っていると、グーグル検索でサイトを開いた時に、画面左上のウィンドウに丸印のビックリマーク、保護されていない通信、が表示されてしまいます。

以前はhttpの接続が一般的でしたが、データセキュリティの面からhttpのままだと、グーグルでは上記のような表示がされるようになっています。



httpsへ変更する方法


どうやってhttpからhttpsへ変更したら良いのか?
さくらサーバー&ワードプレスを使っている場合の変更方法をまとめておきます。

①さくらサーバーのコントロールパネルへログイン後、画面左下「ドメイン設定」の「ドメイン/SSL設定」をクリック



②ドメイン設定でSSL証明書の「登録」をクリック



③「無料SSL設定へ進む」をクリック


④「無料SSLを設定する」をクリック


⑤数分後~数十分後にSSL証明書発行メールが来るので確認する


⑥ワードプレスに「さくらのレンタルサーバー簡単SSL化プラグイン」を新規追加する

このプラグインを有効にすると、過去の投稿のhttpからhttpsへの変更を自動でしてくれます。




⑦設定画面からプラグインを開いてチェックをつけて「SSL化を実行する」をクリック


これで、httpからhttpsへ変更して、常時SSL化をすることができます。
自分のサイトを開いて画面左上のウィンドウが、鍵マークで「保護された通信」と表示されているか確認しましょう。

きちんと表示されていればhttpsへの変更は完了です(^^♪


ちなみに僕は、この作業をしてもビックリマークが表示されていました(;・∀・)
その場合の対処法については、またの機会に記事にしようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい