相続税の電子申告が可能に!


10月から電子申告がスタート

これまで書面での提出しかできなかった相続税の申告ですが、令和元年の10月から電子申告ができるようになります。


対象となるのは、令和元年分の申告からで、2019年1月1日以降に相続で財産をもらった人の申告です。

2019年に入って亡くなった方の相続であれば、基本的には電子申告が可能という事ですね。


相続税の電子申告ですが、最大9名分の相続人の申告書をまとめて送信することが可能で、通常使用する申告書22帳票に対応しています。

納税猶予の特例など、特殊な申告書については電子申告対応しないようです。


また、添付書類をデータで送信することもできます。



国税庁のパンフレット↓







電子申告のメリット



電子申告をすると何が良いのか?



マイナンバー関係の書類の添付を省略することができます。

書面での申告書には、「納税者本人の番号確認書類」や「税理士証票の写し」を添付しなければいけません。

番号確認書類は、顔写真入りのマイナンバーカード、番号だけの通知カード&免許証などの顔写真入りの身分証明書、のことです。

これらの添付を省けるのはメリットですね。


また、申告書の控えをデータ管理することができます。
送信結果や受付結果をデータ保存することによって、ペーパレス化が可能です。

これまでの書面であれば、税務署提出用、納税者控用、税理士控用の3部を用意して、納税者の方の押印をして、時間と手間がかかります。
書類の3部セット&押印の手間も省くことができますね。

税務署に提出に行って、混んでいたときの待ち時間も無くなりますし、パソコンから自分の好きな時間に送信することができます。




今後の電子化の流れ



政府のデジタルガバメント実行計画のなかでは、相続人の手続負担や、行政・民間事業者の手続負担の軽減が課題として挙げられていて、死亡・相続に係る手続のワンストップサービスの実現を目指しているようです。


10月からの相続税電子申告の開始は、その一つで、今後この電子化の流れは進んでいきますね。


印鑑証明書などの原本提出が必要な資料についてはどうするのか等の具体的な中身が決まっていない点もあるようです。

先日、税務署の方と少し話をする機会があり、税務署としても相続税の電子申告を進めたいが、詳細についてはこれから決まっていくとの事でした。

相続税の電子申告についての今後の動きに着目していきたいと思います(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする