生命保険契約の権利計上漏れに注意

死亡保険金ではなくても財産になる

多くの方が加入している生命保険。被相続人が亡くなると、生前にかけていた死亡保険金の請求をするために保険会社へ請求をします。この時、基本的には被保険者が被相続人である生命保険について保険金の請求をすることになります。

その後、相続人の口座へ死亡保険金が入金され、この死亡保険金については、相続税の申告の際、財産として計上します。通常、この死亡保険金の計上漏れは少ないと思います。

今回のお話は、受け取った死亡保険金ではなく、被保険者が被相続人以外で、保険料負担者が被相続人であったパターンです。このパターンでは、被保険者が被相続人ではないため、保険金は支払われませんが、被相続人が生前に保険料を支払っていたため、財産として計上する必要があります。

これを生命保険契約に関する権利といいます。

分かりにくいので、具体例を示します。

  • 生命保険金として計上するパターン例

契約者:父(被相続人)

保険料負担者:父

被保険者:父

受取人:母

このパターン例では、受け取った死亡保険金を生命保険金等として財産計上します。

  • 生命保険契約に関する権利として計上するパターン例①

契約者:父(被相続人)

保険料負担者:父

被保険者:母

受取人:父

このパターン例では、死亡日現在での解約返戻金相当額を生命保険契約に関する権利として財産計上します。

  • 生命保険契約に関する権利として計上するパターン例②

契約者:母

保険料負担者:父(被相続人)

被保険者:母

受取人:父

このパターン例では、死亡日現在での解約返戻金相当額を生命保険契約に関する権利として財産計上します。

保険証券を確認しましょう

このように、契約者が被相続人以外の保険契約でも相続税の申告に含めるものもありますので、手元にある保険証券を再度確認して漏れの無いようにしましょう。

確認するポイントは、契約者、被保険者、保険料負担者、受取人です。

基本的には契約者=保険料負担者ですが、なかには契約者≠保険料負担者の場合もあるので、誰の口座から支払っているかチェックしましょう。

被保険者が被相続人以外で、保険料負担者が被相続人のものは漏れやすいので、要チェックです。

その他の注意点

生命保険契約に関する権利については、生命保険金の非課税枠(500万円×法定相続人の数)はありませんので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする