金融機関から融資を受ける際には損益計算書のどこを見られる?

損益計算書とは?

以前の記事で、金融機関は決算書の貸借対照表のどこを見ているのかという点について書きました。

今回は、損益計算書のどこを見られるのかという点について書きたいと思います。

損益計算書は、会社の1年間の経営成績を表す書類で、 Profit and Loss Statement (PL)ともよばれるものです。

売上総利益は、粗利と呼ばれるもので、売上高から売上原価を差し引いて求めます。

営業利益は、会社の本業の儲けを示すもので、売上総利益から販売費および一般管理費を差し引いて求めます。

販売費及び一般管理費には、広告宣伝費、給料、家賃、交際費、通信費などがあります。

経常利益は、営業利益に、本業以外の儲けを示す営業外収益や営業外費用を加味したものです。

営業外収益には、預貯金の利子などの受取利息、国債などの有価証券利息などがあります。

営業外費用には、借入金の支払利息、株の売却損などがあります。

特別利益、特別損失は、臨時的なもので、固定資産の売却益、売却損などがあります。

経常利益から特別利益、特別損失を加減算したものが、税引前当期純利益です。

税引前当期純利益から会社の法人税・住民税・事業税を差し引いたものが当期純利益です。

損益計算書(PL)のチェックポイント

まずは「当期純利益」で利益が出ているかどうかを確認します。

利益が出ていればOK。

もし赤字なら、赤字になった原因を確認します。

次に「売上高」を見て、前期との比較をして、増減をチェックして、会社の状況について確認していきます。

この増減の要因を説明できるようにすることが大事です。

次に、利益の出し方について。

金融機関からの評価を考えたときに、営業利益、経常利益が黒字であることが理想ですが、毎期利益を出し続けることは難しいと思います。

そのような状況の中で、2つのポイントがあります。

それは、

①利益は毎期平均的に出すこと

②2期連続の赤字は避けること

当期が大きく黒字でも、翌期に赤字であれば金融機関からの評価は下がります。

もし、途中段階である程度の利益が確保できたら、翌期に回せる利益があれば、翌期に回すようにしましょう。

これが、黒字は小さく出して、赤字は大きく1年で出すという事です。

具体的には、

・翌期予定の修繕を前倒しで当期に行う

・賞与を前倒しで支払う

・保険料を1年分前払いする

・翌期に回すことのできる売上は翌期に回す

などの方法があります。

税務上問題の無い範囲で取り組むことが重要ですが。

損益計算書(PL)を整えましょう

決算を組むときには、経常利益を確保することが重要で、利益を出していると金融機関と交渉がしやすいです。

また、経常利益よりも営業利益が大きくなるように、営業利益よりも売上総利益(粗利)が大きくなるようにしましょう。

営業利益、経常利益の黒字を確保するようにしましょう。

具体的には、

・融資関連費用、従業員から家賃徴収している場合の支払家賃などは営業外費用で処理する

・退職金、特別償却、不動産取得税、新規出店費用などは特別損失で処理する

上記の費用が、販売費及び一般管理費で処理されているケースがあるので、決算書を確認してみると良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする