神戸元町の群愛飯店で中華を味わいました

老舗の広東中華料理が味わえる

先日、母、妹、祖母と群愛飯店という老舗の中華料理店へ行ってきました。

母と祖母は昔神戸に住んでいたんですが、その頃からこのお店に食べに行っていたようで、今回神戸に引っ越してきて、食べに行こうという流れになりました。

1966年創業で、令和元年の時点で創業53年、広東料理を味わうことができます。

広東料理は、中国南部の広東省の料理で、代表的なものは、チャーシュー、シュウマイ、八宝菜、酢豚などで、あっさりとした味付けが特徴のようです。

ツバメの巣やフカヒレなどの珍味の名産地でもあるようです。

お店の場所は元町駅から徒歩5,6分のところにあります。

お店に入って席に着くと、しばらくしてコースの料理が運ばれてきました!

オリジナル前菜4点盛り↓

鳥のチャーシューが柔らかくて優しい味付けで美味しいです!

蟹肉入りコーンスープ ↓

コーンスープの中に蟹の肉が入っていて、濃厚な味わいです!

飲茶点心の盛り合わせ ↓

エビ餃子、シュウマイ、もうひとつの餃子は何だったか忘れました(^^;)

僕は青島ビールを飲みました ↓

青島ビールは1903年に製造が始まったビールブランドで、中国で最も古いビールの一つのようです。あっさりした口当たりで、僕はこの青島ビール好きですね。

ミンチのレタス包み ↓

見た目にも面白いです。ミンチとレタスの愛称が良いです。

群愛飯店特製焼きそば ↓

この焼きそばですが、結構なボリュームがあります!

あんかけ風で、野菜たっぷり、麺は太めでパリパリした食感です。

食べきれるのかと思っていた矢先、母親がチャーハン1.5人前を追加で注文してました(;・∀・)

運ばれてきたチャーハンを見てびっくり、かなりの量です!

写真を撮ってないんですが、群愛飯店のチャーハンは、あっさりした味付けで美味しくてオススメです!

チャーハンを追加注文した母親も満腹になってしまい、妹、祖母もお腹一杯のようで、箸が止まりました。

僕も満腹でしたが、残った料理を全部食べて、ホンマにお腹がはち切れそうでした(^^;)

最後にデザートの杏仁豆腐 ↓

群愛飯店の中華料理を食べてみて、優しい味であっさりして、本当に美味しかったです。

店員さんに店の前で家族の写真も撮ってもらい、「また気軽に来てください」と気さくで親切な接客を受けて、皆笑顔で気持ち良く帰りました。

老舗で愛されるお店の理由を感じました(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい