開業場所の神戸に引っ越します!

※フェリーから明石大橋を撮影。朝5時過ぎ。

神戸新開地駅近くの物件へ

今年3月の確定申告時期が終わってから、開業に向けての自宅兼事務所の物件を探していました。

もともと良いなと思っていた神戸花隈駅近くの物件は、申し込みの数時間前に、先に他の人の申し込みが入っていて、結局申し込みできずに断念(;・∀・)

それからも物件を探していたのですが、良いと思っても空きが無く、なかなかピンとくる物件が見つからず、どうしようかなと思っていました。

5月のゴールデンウィーク明けに、以前問い合わせた物件がインターネットに掲載されていたので、不動産屋に聞いてみると...

ちょうど空いているとのこと!

スグに内覧をして、速攻で申し込んで物件を押さえました。なんせ、前回は数時間の差で申し込みができなかった苦い経験があったからです。

新開地駅から徒歩5分程の場所で、スタートアップの自宅兼事務所としては間取りも十分です(^^♪

もうすぐ引越しで、転居後は事務所開業準備を進めていきたいと思います!

実家の家族も神戸へ

僕の実家は福岡なんですが、母親が数日前に実家を売却して、神戸に引越してきました。

僕も有休を使って、実家に戻り引越しの手伝いをして、最後の福岡の実家を見届けました。

トラックに荷物が積まれる様子↓ 2台で約4トンの荷物。

小学校4年生の終わり~高校卒業までの8年間を過ごして、ちょこちょこ帰省していた実家が無くなって、地元の友人に会うことも少なくなるのは、やっぱり寂しいもんですね。

母親は神戸から福岡に嫁いで、今回売却した家には25年暮らしていましたが、割とケロッとしていて、故郷の神戸に戻ることが楽しみのようです(^^♪

福岡から北九州の門司港まで車を運転し、門司港からフェリーで神戸へ。

フェリーは12時間くらいかかります。夜寝て朝起きたら神戸に着く感じです。

門司港のフェリー乗り場↓

船はこんな感じです↓

母親たち家族が住むのは神戸で、今回僕が引っ越す物件から車で5分くらいの所です。

母親は60代半ばで、これからの事を考えると、親と子が近所に住んでいることでちょっとした安心感があります。母親はよくしゃべりますし、まだまだ元気そうですが(笑)

今回の自宅兼事務所の物件探しで、最初に狙っていた物件に申し込みできずに、なかなか良い物件が見当たらず、少し焦っていました。

でも今振り返ると、結果として意味のある物件に決まったんだなあと感じています。

「人間万事塞翁が馬」という中国の言葉がありますが、今回はそれを少し感じました。

「人間万事塞翁が馬 」とは、人生の幸不幸は予測するのは難しく、幸せが不幸に不幸が幸せにいつ転じるか分からないので、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない、という例えです。

実家の引越しの次は自分の引越しで、引越し祭りですが、ギックリ腰にならないように気をつけます(^^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい