会社をつくったら届出を忘れずに出しましょう!

届出はたくさん出すものがある

会社をつくったら、出さなければいけない届出が色々あります。

今回は、税金関係の主な提出書類についてまとめてみたいと思います。

税務署に出すものはこんな感じです↓

①法人設立届出書

設立から2月以内に、定款をつけて出します。

会社をつくったことを届出します。

②青色申告の承認申請書

設立から3月経過した日or事業年度終了の日 のどっちか早い日までに出します。

確定申告や中間申告を青色申告で出すことの承認を受ける届出です。

青色申告をすると税制上メリットがあります。

③給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

給与支払をする事務所を開設した日から1月以内に出します。

給与の支払いを開始しますという届出です。役員報酬や従業員給与を出す場合には提出しましょう。

①~③のほかにも、棚卸資産の評価方法の届出書、減価償却資産の償却方法の届出書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書などがあります。今回は説明は省きますが、もし必要であれば提出しましょう。

都道府県、市町村に出すものはこんな感じです↓

兵庫県と神戸市を例に書きます。

④法人設立届

設立から2月以内に管轄の県税事務所へ登記事項証明書、定款をつけて出します。

⑤法人設立・開設届

設立から2月以内に神戸市へ登記事項証明書、定款をつけて出します。

税務関係だけで上記のとおり、色々な届出書を出さなければいけません。せめて届出書の名前だけでも短くなればいいのにと思いますね(-_-;)

文句を言っても仕方がないので、早めに出してスッキリしましょう!

今回は税務関係の届出の中でも主なものに絞って書きましたが、社会保険や労働保険についての届出を含めると、もっと多くの届出をしないといけません。

提出漏れの無いように気をつけたいですね(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい