令和になったら納付書はどうなる?

先日、新元号が発表されて、いよいよ5月1日から元号が令和になりますね。巷では、新元号キャンペーンセールも行われています。

元号の変更に伴って、あらゆるデータや書類の変更が必要になる中で、税金を納めるときの納付書についての新元号の取扱いが国税庁ホームページに公表されています↓

現在の納付書には「平成」の印字がされていますが、「平成」を二重線で消したり、新元号の「令和」を追加記載する必要は無いようです。

また、平成31年(2019)4月1日から令和2年(2020年)3月末日の間に納付する場合、納付書左上の年度欄は「31」と記入します。

納付書左上の年度欄は平成31で記入するけど、支払年月日や納期等の区分は令和なら令和ベースで書くのが原則のようですね。

でも令和「01」を平成「31」で記載しても有効なものとされるので、実際に「平成」の納付書を記入する際には、「平成」ベースで統一して記入した方がシンプルで書きやすいかもしれませんね。

「令和」の印字された納付書は、10月以降に入手できるようです。

今回の納付書は、源泉所得税の納付書が対象です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい