自宅兼事務所可物件の内覧で感じたこと

※物件内覧後に三ノ宮で昼飯。
 焼肉丼十番にてカルビ丼。満席でした。

やっぱり独立してやってみたい

先日、事務所可物件の内覧に行ってきました。

僕は今、賃貸アパート暮らしで、今の家では大家さんの許可がおりずに開業できそうにないし、将来は神戸で生活する予定なので、神戸で自宅兼事務所可の物件を探しています。

内覧したのは、神戸の元町駅から徒歩8分、花隈駅から徒歩1分の所にある物件です。

家賃は共益費込み6万3千円、初期費用は約30万円、間取りは2Kで、広さは洋室9帖、洋室5帖、キッチン2帖、風呂トイレ別、RCの9階建の分譲賃貸です。

1部屋を事務所用、もう1部屋を居住用にしようと思っているので、この物件は間取りが理想的でした。

しかも、元町から近くて、花隈駅からは徒歩1分の好立地!

こまめに管理もされていて、築年数の割に、きれいな状態。

日当たりも良くて、室内は明るく、部屋の中の洗濯機置場が少し中途半端な場所にあるぐらいで、自宅兼事務所の賃貸物件としては、思い描いていたものにほぼピッタリ!

テンションが上がって、ワクワクしました(^^♪

案内してくれた不動産屋の方も、昔起業して駆け出しの頃があったそうで、 これも何かの縁だねと言いながら、当時の話を聞かせてもらいました。

その話を聞いて、余計にワクワクして、やっぱり独立してやってみたいという思いが一層強くなりました。

まだ退職日が決まっていないため、今回は物件の内覧だけで終わりました。でも他の方が入居される可能性もあるので、早めに申し込んで、先に引越しをして、退職までは新居から職場へ通って、準備をしつつ、独立開業をしようかと検討中です。

どうかそれまでは物件が埋まりませんように(>_<)

不安はもちろんありますが、今回の内覧で、独立への思いやイメージが一層強くなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※当ブログは投稿日現在の法律に基づいて書いております。
 改正等に対応していない場合がありますのでご了承下さい