マンションの修繕積立金はいつの経費になるのか?

修繕積立金とは?

修繕積立金とは、将来のマンションの大規模な修繕工事のために、工事に必要な資金をマンションの所有者から毎月徴収して積立てているお金のことです。

マンションの居住環境を整えたり、維持したりするためには、定期的に建物の壁やエントランスなどの共用部分を修繕することが必要で、その修繕のためには、この修繕積立金が欠かせません。

いつ経費になるの?

この修繕積立金はいつ経費になるのでしょうか?

不動産の貸付けを始めようとして、Aさんが投資用物件として、賃貸マンションの1室を買って、マンションの管理組合に毎月修繕積立金を支払っていたとします。

この場合、Aさんの不動産の儲けを計算する時に、毎月支払う修繕積立金はいつの経費になるのでしょうか?

結論からいうと・・・

①原則は、実際に修繕が行われて、修繕が完了した年の経費になる。

②支払った年(支払期日)の経費にしてもOK(一定の要件あり)

①のやり方であれば、マンションが実際に修繕される年の経費なので、築浅のマンションであれば、経費になるのは数十年も先の話になります。

②のやり方であれば、毎月支払っているタイミングで経費なので、①よりも早く経費にできますね。

ただ、②のやり方がOKなのは、一定の要件に当てはまる場合のみです。

その要件はざっくりこんな感じです↓

マンション標準管理規約に従って、次のa.~d.の事実の下で修繕積立金の支払いが行われていること。

a.区分所有者(Aさん)は、管理組合に修繕積立金の支払義務あり

b.管理組合は、修繕積立金の区分所有者(Aさん)への返還義務なし

c.修繕積立金は、将来の修繕のためだけに使われて、他に使われない

d.修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づいて合理的に算出されている

もし、マンションの賃貸業を営まれている方で修繕積立金の支払をされている方は、要件を満たす場合には、毎年の経費に計上できるのでチェックしてみましょう(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする