税理士試験の直前期に意識していたこと(相続税理論)

理論をどこまで覚えるのか

税理士試験の税法科目では、理論を覚えなければいけません。

理論の条文を覚えることは、とても地味で時間のかかる作業です。なかには、すぐに暗記できる人もいるかもしれませんが、僕は時間がかかるタイプでした。

税法科目について、消費税、所得税、相続税を合格していますが、その中で一番覚えにくかった理論が相続税の理論です。

条文にカッコ書きが多くて、1文1文が長く、なかなかスグには暗記できませんでした。

相続税1回目の受験の時には、理論を回しきれず、暗記の精度も甘く、本試験の出題理論を解答する際に、スラスラと理論が書けずに時間がかかり、最後の理論事例問題も焦りから解答ミスをしてしまい、不合格。

2回目の受験の時は、本試験4か月前に仕事を辞めて専念したので、理論サブノートの範囲を全て覚えようとしました。でも、逆に1題1題の理論の暗記の精度が少し甘くなってしまいました。結果、不合格。

3回目の受験の時には、理論サブノートの範囲全ては覚えずに、出題予想が高めのAランクBランクを中心にガチガチに精度高く暗記をしました。結果、本試験では精度高く解答できて、合格。

理論の範囲をどこまで覚えるかについては、1番の理想は、全ての理論を精度高く覚えることだと思います。

でも、暗記量には人それぞれ限界があります。僕のキャパシティでは、全範囲を精度高く暗記することはできませんでした。また、仕事と勉強の両立の兼ね合いもあると思います。

全部を覚えようとして精度が落ちるぐらいなら、出題可能性が高いといわれる理論の範囲を完璧に仕上げて勝負する方が、自分のスタイルに合っていると考え、最後の受験の際には、割り切って範囲を絞って本試験に臨みました。

もし僕のようなタイプの受験生の方がいれば、AランクBランクの理論に絞って精度高く暗記することも一つの方法です。出題予想の低いCランクが本試験で出たらアウトですが(;・∀・)

どうすれば2時間という短い本試験で勝つことができるのか?

自分の状況に1番合った作戦で本試験に挑むのが良いと思います。

応用理論はどうする?

税法の理論問題については、応用理論もあります。

僕が受験した平成28年から平成30年の相続税の試験については、応用理論よりも基礎理論中心に出題がされています。

もちろん、講義や直前期には応用理論の内容も多くなるんですが、合格した年の直前期に意識していたことは、基礎理論をメインに勉強するということです。

不合格になった相続税の2回の受験では、応用理論に気を取られて基礎理論がおろそかになっていました。

応用理論の内容がおさえられていないからといって、応用理論中心にならないように気をつけましょう。

もちろん、受験する本試験の直近の傾向を踏まえてですが。

理論においても、やはり基礎を大事にすることが試験を突破するためのポイントだと思います。

そのために、何度も何度も理論を繰り返し暗記する必要があります。

時間が無いのであれば、昼休みに理論暗記、歩きながらiPhoneに録音した理論を聞いたり、風呂に入りながら頭の中で理論サブノートの映像を思い浮かべて声に出してアウトプットできるか確認してみたり。隙間時間を有効に使いましょう。

税理士試験まで残り2か月、今回の記事が少しでも税理士受験生の方々の参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする