離婚して土地建物を財産分与したら所得税がかかる?

※西中島南方のつけ麺屋にて。

離婚して財産をもらったら...

離婚した場合の税金について、たまに質問を受けることがあります。今回はその点について書きたいと思います。

離婚で相手から財産をもらった場合は、通常のケースでは、贈与税がかかることはありません。

なぜかというと、夫婦の財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づき給付を受けたものと考えられるからです。

でも、下記のようなケースでは贈与税がかかるので要注意です。

①分与された財産の額が多すぎる場合

 多すぎるかどうかの明確な基準はありませんが、婚姻中に夫婦で協力して築いた財産の額や、その他の事情を考慮して判断します。多すぎたら、その多すぎる部分に贈与税がかかります。

②贈与税や相続税を免れるために離婚が行われた場合

 離婚によってもらった財産すべてに贈与税がかかります。

土地建物を渡したら...

上記のように、通常のケースでは離婚して財産分与しても贈与税がかかることはありませんが、土地建物などの不動産を渡したときは注意が必要です!

財産分与が土地や建物などで行われたときは、分与した人(あげた人)に譲渡所得税がかかってきます( ゚Д゚)

分与した時の土地や建物の時価が収入として計上されます。

自宅の土地建物を相手に分与した場合、譲渡所得税がかかってくる可能性があるんですね。

自宅の売却については、マイホームを売ったときの3,000万円の特別控除という特例がありますが、この特例は、親子や夫婦などの間での売買には適用できません。

一旦離婚した後に財産分与を行えば特例が適用できます。

もし、売却益が出る不動産なら、離婚後に分与して特例を受けた方が良いかもしれません。

金銭での財産分与では税金がかからないのが通常なので、節税という面では、できるだけ金銭で分与するのが良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする