確定申告は電子申告が楽です

書面提出は面倒くさい

3月15日提出期限の個人の所得税確定申告。

提出期限間近の最近では、テレビで国税庁のCMが流れていたり、地下鉄のアナウンスで確定申告の案内が流れていたりします。

個人的には、納税のアナウンスをするなら、お得な情報のアナウンスもしてくれれば良いのにと感じますが、国税庁側からのお得なアナウンスはほとんど無いので、自分で情報をキャッチしていくしかありません。

それはともかく、確定申告をしなければならない人は、3月15日までに税務署に申告書を提出して納税しなければなりません。

その際、書面で提出すると面倒くさいです。

提出用1部、控用1部をプリントアウトして、印鑑を押して、直接窓口に持って行く場合は、日程を調整して、平日の日中に持参する。税務署に行くと、たくさんの人で混み合っていて、待ち時間を消費していく。

郵送で提出の場合は、返信用の封筒も準備して書類をセットして、税務署の宛名を記載して投函する。

うーん、やっぱり面倒くさい。

毎年1回の事ですが、やっぱり楽に電子申告したいですね。

いやいや、電子は信用ならんという方もいらっしゃると思いますが(^^;)

マイナンバーカードとカードリーダライタを用意しよう

個人の方が自分で電子申告をするためには、マイナンバーカードとカードリーダライタを用意する必要があります。

マイナンバーカードは、顔写真と個人番号が記載されているカードです。顔写真の無い通知カードではありませんのでご注意を。

カードリーダライタは、マイナンバーカードを読み取るための道具です。こんな感じのものです。

これはNTTコミュニケーションズのもので、アマゾンで購入して値段は1,600円くらいでした。

中身はこんな感じです。

これをパソコンに接続してマイナンバーカードを読み込みます。

国税庁の確定申告書作成コーナーで申告書を作る場合には、最初の方に、書面提出か電子申告のどちらでデータを作成するかを選ぶので、そこで電子申告用のデータ作成で進めていきます。

申告書を作成して送信の際に、マイナンバーカードを読み込んで電子データを送信すれば提出完了です。

書面提出に比べるとかなり楽です。

手間と時間が短縮できます。

最初は電子申告の設定が必要なのでその分少し手間はありますが、1度設定をすれば、2回目以降はカードを読み込んで送信するだけなので楽です(^.^)

マイナンバーカードが無い人でも電子申告できる方法

マイナンバーカードやカードリーダライタが無い人でも、電子申告できる方法があります。それはID・パスワード方式というやり方です。

税務署へ行って、職員に本人確認をしてもらいIDとパスワードを発行してもらって、そのIDとパスワードで電子申告ができるようになるというものです。本人確認には運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類が必要です。

このやり方は1度は税務署に行かなければいけませんが、2回目以降は、マイナンバーカードによる電子申告と同じように楽に提出できます。

このID・パスワード方式は2019年から導入されたので、マイナンバーカードが無いという方は試してみるのも良いかもしれません。

今の時期からだと、税務署が混み合っていると思いますので、微妙なところですが(^^;)

まとめ

・マイナンバーカードある人はカードリーダライタを購入して電子申告ができる

・マイナンバーカードない人は税務署へ行ってIDとパスワードを発行してもらって電子申告ができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする